猩猩のはな歌・つぶやき


by xingxingsing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■青海省ってどこ?

そもそも、青海省ってどこ?というと、中国の、北西部にあります。(図右上:中国全土)

f0128239_233553.jpg


青海・チベット高原の北東部に位置し、新疆ウイグル自治区 、甘粛省、四川省、チベット自治区の四省・自治区に隣接しています。

そうそう、昨年開通した『青蔵鉄路』の青は青海省の『青』、『蔵』はチベットで、青海省から『世界の屋根』といわれる青海・チベット高原を通ってチベットへぬけています。

古くから、チベットへ抜ける陸路である「ゴルムドルート」も平行して走っていて、毎日内地⇔チベット間を多くのトラックが行き来しています。

■ゴルムド到着

f0128239_23102960.jpgで、前日夜8:45に西寧を出発した寝台列車は、西へ向かってひたすら走り、この日の朝8:30にゴルムド(格er木/ガラム)に到着。走行距離800キロ。122元(約1700円)

寝台列車は、3段ベッドになっていて、シーツなどとっても清潔。心配していた喫煙については車両の外のみで、車両内はすべて禁煙。消灯は午後10時。

初めての寝台列車体験は、去年11月の陽朔→北京の26時間。(陽朔編で紹介します・・)
疲れていたのもあって、ぐっすり眠って12時間のらくらく快適移動。

ゴルムド駅からそのまま乗っていくと、チベットのラサに到着するのですが、現在外国人はここで下車。ゴルムドには、少数民族であるチベット人、回族、土族、サラ族など多くが住んでます。

f0128239_0333673.jpgf0128239_0335336.jpgf0128239_0341745.jpg

f0128239_040197.jpg
同じ電車に乗ってたのは、2人。駅前の金地賓館で参加登録。朝ごはんの麺を食べて、休憩、各装備品確認のあと、11時に西大灘へ向かって出発。(ゴルムド海抜:約2800m)




■予期せぬ災難@西大灘

ゴルムドから西大灘への走行距離は約90キロ、ゆっくり車で約2時間。途中、荒涼とした砂利と岩肌の景色が延々と続く中、唯一と思われる観光スポット「昆侖泉」で記念撮影してさらに上り、西大灘に到着。天気は曇り。

西大灘の宿泊所は、これから登る玉珠峰の北壁を眺める場所に位置し、海抜は4000m。
この日はここで宿泊して、高山症状対策適応の予定。

f0128239_11272968.jpgf0128239_11275721.jpg


f0128239_11281821.jpg
午後1時に到着、先に到着していたグループと一緒にお昼を。なるべくおなかを満腹にしないよう、少しずつ、そして量にも気をつけて、ゆっくり噛んでの食事。水分をまめに、そしてたくさんとるように、との指示。1日4リットルは飲んだほうがいいとのこと。(麦茶パックはご覧の通り。)酸素がこの時点で平地の3分の2しかないということで、急激な動き(立ち上がったりとかも含めて)は避けること。

午後は、先に来ていた人たちとおしゃべりしながら極力水を飲む。

午後2時。まだ大丈夫。

この日、ベースキャンプ(BC)までいけると思っていたので、なんとなくがっかりしたような、気が抜けたような。一人も知り合いがいないここより、BCにいる友人(今回ガイドを務める人たち)に会っておしゃべりしてるほうがずっといい、と思いつつ、先日の四川省・四姑娘山でも最初の夜に高山反応で頭痛に見舞われたこともあり、やっぱりここは謙虚に謙虚に。

平地と比べると酸素量が少ないので、目への影響を懸念して、この日2時間しかつけてなかったコンタクトをはずす。(今回は1日使い捨てを持参。)昼食後、テーブルを囲んでおしゃべりはするものの、がちゃがちゃいろんな音や話声がやけに耳につくのと、誰かしら次々に吸っていくタバコの煙が気になって(ちょっとかぐだけで、胸が苦しくて不快。平地でもそうだけど、ここではますます。)さらに、目の上がすご~く重くて、眠~い感じで、なんとなくぐったり。


f0128239_1126252.jpg登山時に使うハーネスの装着方法や、ロープの結び方、アセンダーの使い方の実習。
元気な人たちは、他のロープの結び方実習。(リリと、サラ族の宿泊所のスタッフたち)


f0128239_11305824.jpg17:20、ひとりふら~っと外出。ゆーっくりしたペースで散歩。まだ日は明るい。(8時半~9時くらいまで明るい。)外の空気をすってちょっとリフレッシュ。


f0128239_11314444.jpgそう。同じ海抜の高いところでも、先日の四川省と違って、ここには植物がまったくない。木もない、草もない、な~んにもない・・・(♪なんにもない なんにもない まったく なんにもない 生まれた 生まれた 何が生まれた 星がひとつ 暗い宇宙に 生まれた・・・♪ 「はじめ人間ギャートルズ」のテーマ曲)

この日は曇り空で気圧が低かったのもあり、ギューっと圧迫されているような感じ。1時間ちょっと歩いて戻る。昨日からの泊まり組みで、高山症でダウン1名。彼はずっとはきっぱなしで、顔色も悪く、顔を伏せてる状態。ずつうもまだないし、目の上が重くて眠気だけの私はまだ大丈夫かな、なんてたかをくくる。

19:40。夕食は、麺。おかずはなし。
なんとなく食欲はなし。でも、食べなきゃと思い、半碗をさらにお湯で薄めてよく噛んで食べる。周りの人たちも、あんまり食がすすんでないよう。

20:00。適応初日は、なるべく夜11時前には寝ないように、というのが彼らの常識らしいけど、目の上が重くて難儀なこと、前頭が「どくっ」「どくっと」と脈打つように痛むこと、視界の焦点もうまく合わないので、一足先に横になることにした。どっちにしろ、早く床についても、夜中に目が覚めても、眠ることにかけては自信がある。

1室3ベッド。北京からきたリリとウェイドンカップルと同室。先に横になる。

寒気、頭痛。

さっき食べた麺も体の中でもぞもぞ動いてるかんじ。
上からも下からも「きそう」な感じ。
まもなくトイレへ。下のほうからぼわっとたくさんアウトプット。
体は軽く、すこしだけすっきりして再度ベッドに横たわる。

寒い(と感じる)ので、暖房をつけてもらうとき(練炭式ストーブなので、寝るときには消す予定)、万が一のためのビニール袋が欲しいというと、大きめのカップラーメンの空き碗を二つ、バケツ代わりに持ってきてくれる。ベッド下に置くこと数分、嘔吐。続けてもう一回嘔吐。

なんとなく体は楽になった感じだけど、頭痛がやまない。ベッドの上でダウンを着て、ダウンの寝袋+上から布団をかけてるのに寒気がする。

BCの登山ガイドの友人たちとは携帯は通じず(BCだけが電波が届かない・・)、ここの適応責任者の安先生と、ここに泊まっている皆が心配して見に来てくれる。ゴルムド(海抜の低いところ)まで戻したほうがいいのではないか、と相談してる。

夜中に安先生が、ペットボトルに詰めたお湯を湯たんぽ代わりに持ってきてくれる。
これがなんとも心地よく、ここから船をこいだように眠りに落ちたり、頭痛に起こされたり・・。

漆黒。

次の日へ続く
[PR]
# by xingxingsing | 2008-04-28 18:44
午前2時にやっとパッキングが終了。5:30に目覚ましで起きて出発の支度をしていると、数分後に海抜5761mのキャンプ1からウェークアップ・コール。

縁あって参加することにした、中国北西部、青海省にある玉珠峰登山。

5月1日・労働節の祝日にあわせて、青海登山協会が主催した『五・一登山節(5月1日労働節・登山祭)』には、中国全土から、約40人弱の愛好者が参加。参加者は、初心者から経験者までいろいろだ。

f0128239_1912987.jpg8:20AMの国内線飛行機に乗るのに、6時半前(空港までは30分弱)には出なくちゃいけない。最近のいろいろで、荷物検査が厳しくなっているからだ。


f0128239_1829217.jpg7:00AM 空港に到着。国航(エアチャイナ)の発着は、新しくできたターミナル3。オリンピックに向けて整備されたなんとも豪華できらびやかなデザイン。赤と金で統一されている。余裕のあるこの朝、しばらくは飲めないだろう大杯ラテで朝食。

荷物をチェックインすること、19.8キロ。オーバーサイズのチェックイン荷物は、カウンターで伝票シールを張ってもらった後、自分で別の特別カウンターにもっていかなくてはいけない。いちいち、よいしょっと掛け声をかけている私をみて、後ろの現地人が、「我来吧(手伝いましょう)。」と、手伝ってくれる。

空港にいる、裕福だと思われるこの国の人たちは、なんとなくうきうきしていて、オリンピックのために外国客に何かできることはないか、と心の余裕が見られる。

それにしても、ちゅうごくって、アメリカに似てるなぁ、と思うことが多々ある。
広い国土、活用されていない土地の多さ、ダイナミックな自然環境、そんな都市間を結ぶ市民の一般交通手段である空路。飛行機が特別な乗り物だと思っていた私が、初めてのアメリカ国内線で、そのなんともなさにびっくりさせられた当時の感覚を思い出す。

北京から西へ約1600km、その間の風景は本当にダイナミックだ。

f0128239_23415631.jpg

f0128239_23434930.jpg

f0128239_23452830.jpg

搭乗時間2時間10分、青海省省都の西寧へ到着。


???不思議な感覚。

何でだろう。

チベット語が目に飛び込んでくるからだけじゃない。


f0128239_23483861.jpgクライミングの世界大会が行われるこの青海省だが、荒涼とした土地が占める北西部のこの都市は、発展がまだまだ遅れをとっていて、飛行機の発着も極端に少ない。荷物が出てくるコンベアも2つ。(起動中なのは一つ。一つは単なる予備か?)

そして、声をかけてくる(違法・合法)タクシーの運転手がいない。発着数が少ない上に乗客も少ないから、商売も割が合わないんだろうな。

おかげさまで誰にも邪魔されることなく到着ゲートをくぐる。

しかし物事には二面性があるわけで、逆に町へ向かうタクシーも少ない。空港リムジンバスも飛行機発着時刻にあわせてしか出発しないから、次は何時間も後になる。

危うく乗り遅れそうになりながら、バスへ向かって走っていくと、ちょっと動悸が。あれ?もしかしてここって高原?後で調べてみると、西寧の海抜はすでに2275m、越後三山の頂上より高い。(八海山・1779m、中の岳・2085m、越後駒ヶ岳・2003m)

快適な大型バスで、町の中心までは約40分~1時間、22元(約300円)。整備された高速でらくらく。

登山協会の張さんに、回族(ムスリム)料理をご馳走になり、夜発の切符を手配していただき、夕方、青海省で2番目に大きいといわれる格尓木(ガラム/ゴルムダ)へ向かう。(その2へ)

おまけ:西寧の風景

f0128239_2357840.jpgf0128239_2357399.jpgf0128239_00435.jpg

f0128239_004582.jpgf0128239_011819.jpgf0128239_04557.jpg
[PR]
# by xingxingsing | 2008-04-27 13:58

6-week off

f0128239_10112873.jpg


長さは2センチ。なぜか色違い。

(ここからは興味のある人だけ読んでね。)

More
[PR]
# by xingxingsing | 2008-03-24 10:09

最近のネット事情

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらからネットの一部が見れなくなっています。公に差し障りのあるコメントは避けますが、ちょっと不便です。

テレビも含め、ニュースの一部へもそうですが、単なる個人使用であるexblogへもアクセスできません。自分のブログのトップページのほか、時々コメントくださるjurongseijinさんや、ujadoさん、うおぬまのcommunity cafeさんも含めてです・・・。(涙)

自分のブログは、ログインして、投稿することや、頂いたメッセージを拝見することはできるのですが、コメントへの返信や、一度投稿した記事の修正や、自分の記事の観閲などができません。と~っても不便を感じてます。

ということで、コメントを下さった(下さる)皆さまへ:

いつも覘いて下さってありがとうございます。
コメントはいつもありがたく読ませていただいています。
こちらは変わらず健康で元気にしております。

こんな規制には負けずに、去年より、カイチョより(笑)、
少しだけ多くの記事をアップしたいと思いますので、
変わらぬご支援、どうぞよろしくお願いします。


《小波さんとその仲間さんへ》

お久しぶりです!メッセージ書き込みありがとう!
小波さんの上海転勤、歓迎光臨♪ 心よりお待ちしています!

ところで、上記事情によりメッセージ返信遅くなってごめんなさい。

続きはまた・・・。もしよかったら、メールください。(二人のアドレス変わってないのかな?)
最近実家の近くで一人暮らしを始めたもう一人の仲間も含めて、みんな別々の場所だけど一緒にスカイプなどできるといいね。近々近況報告など!(ドイツにも遊びに行きたいです♪)
[PR]
# by xingxingsing | 2008-03-23 10:58
ここ何日か、自分のメインページにアクセスできません。

エキサイトのヘルプページや、お問い合わせフォームもだめ。

それどころか、お友達のエキサイトブログも観閲できません。

やっとの思いで見つけたのが、このサイト

読むと、この国からエキサイトブログへのアクセスが、この国側からの巧妙な規制によりブロックされているのではないか、ということ。

やはり、不特定多数のちゅうごく在住者から同じ問題が寄せられていました。

最近たべものやそのほかでこちらからこの国のことを取り上げる人がいるからかもしれないとのこと。でも、ほとんどの人たちは、気をつけてるしそんな覚えはないとのこと。

じょうほうの規制、本当にそうだったとしたら、こんなことしてたらだめだよなぁ、と思いつつ、また何十年前とあんまりかわってないじゃんねぇ、とおおきな失望感を覚えた最近でした。
[PR]
# by xingxingsing | 2008-03-02 17:26

無事帰還

海抜3300メートルより、無事帰ってきました。

f0128239_122419.jpg

[PR]
# by xingxingsing | 2008-02-25 23:11

はは上京

1月末には母が上京してくれました。

本当は東北地方へ行こうと思ったのですが、マイナス30度の極寒地にわざわざ母親を連れて行くのはどうかと思うよ、と友人にアドバイスされて、行ってみたかった西安へ。

そしたら・・・飛行機に乗っていった昔の京・西安は、50年ぶりといわれる大雪!

しかも、その寒さといったら、道路が凍結してしまう雪と、モンゴルから吹き付ける風が、骨まで差すような寒さ。しかも、兵馬傭や始皇帝の墓など、見所はみんな大きくて外だし・・。涙

そんな中、母は何を見ても感動し、喜んでくれました。寒さも、私よりずっと強い(といっていただけかもしれないけど)し。まだまだ甘いなぁ、と心から反省。
つい、親だと子供に戻って甘えちゃうんですよね。

ホテルはR男の按排してくれた五つ星ホテルのソフィテルにて休息。

戻ったぺきん周辺では、天津へ日帰り旅行に行ったり、ブロードウェイミュージカルの『キャッツ』を鑑賞したり、IKEAで買い物したり、私の好きな冬の胡同を散策したり。

そして何より、母が一人で「子供のおつかい」ならぬ、「オトナのおつかい」よろしく、言葉の通じぬスーパーや商店で一人値段を交渉しつつ買い物をしてきたこと。私はいつも、だまされるんじゃないか、守らなきゃ、と長女のプロテクト精神で、ついついぴりぴりしちゃうんだけど、母は頼もしく、笑顔で相手と交流し、無事帰還。あえて防御しないことが最大の防御なのかも、とまた反省させられる私でした。

盛りだくさんの1週間でした。

photo:毎日日の出とともに行われる昇旗式。この日は、7:38AMでした。
べいじん市気象局で、翌日の昇旗式・降旗式の時間を調べることができます!)
f0128239_16515433.jpg

[PR]
# by xingxingsing | 2008-01-30 16:04

ぐおじんじん

オリンピックもあと200日をきりましたね。
マスコットが街のあちこちに出没して、巷をにぎわせています。

国中が注目の選手といえば、陸上ハードルの劉翔(liu xiang)、そして水泳飛び込みの郭晶晶(guo jing jing)。実は去年大学の計算機(コンピュータ)の先生に似てる、といわれて以来なんとなく気になってはいたのですが(セクシーアスリートにはちょっと程遠いんですけど・・・。###)、最近テレビや広告によく出てくるのと、劉翔似の友達もいたりして(か○み君じゃないよ。笑)、この二人がちょっと地味なマイブームです。

空港で母を待ってたとき、おおきなスクリーンの半分は、劉翔を起用した国産コンピュータのコマーシャルで、もう半分は郭晶晶を起用した東芝のラップトップのコマーシャル。町に一歩出れば、各種広告で劉翔の顔を拝まない日はないくらい。(劉翔の方が比較的多い気がする。)

f0128239_192932.jpgコカ○ーラの広告の最新版は、春節編で、アスリートの劉翔が「今年は春節に帰れないよ・・。」と、心待ちにしているお母さんに告げる。でもって、「残念ねぇ。じゃぁどうしましょう。」って嘆くところ。
日本でも盆暮れ正月にありがちな光景ですね。

で、なんだかよくわからないけど、新年の準備をしていた母親をはじめ女性たちが、ファンキーなバイクに乗って彼らを訪れて春節を過ごす、と。


f0128239_1213026.jpg

これは撮影のひととき?



動画に興味のある人はこちらからどうぞ~。
[PR]
# by xingxingsing | 2008-01-22 16:59

スキー@漁陽

この週はお仕事したので、金曜のこの日は友人に誘われて、ぺきん市街から東北へ100キロほど行ったところにある漁陽国際スキー場へ。ぺきんで2回目のスキー体験です。

ぺきんの郊外には、10つ前後のスキー場があるものの、ほとんどみんな人工雪。しかも、スキー場ができ始めたのも、ここ15年ちょっとくらいのことらしい。話には、ほとんど滑る斜面はないとのこと。それでも外の空気は気持ちいいし、ちょっとでもすべれればいいかな、と行ってみた。

日壇スタッフのジャンチがオフシーズンということで向こうで働いているので、団体料金で入れてもらう。スキー場に知り合いがいたり、知り合いでなくても事前に予約すれば、割引料金で入れる仕組みみたい。レンタルスキー(十分満足)一式、リフト一日券で80元!(約1200円)安い!さらに、上に行くことができる「上級者パス」なんてもらって、首からさげちゃったりして、ちょっとはずかしいやらなんやら。

このスキー場、国際なんて名前がついていて、外からみると立派な建物に囲まれているものの、山の中腹から下は全部初級者用斜面で、広い幅の斜面にリフトやロープが並列して3つ並んでるようなデザイン。

唯一このスキー場で傾斜と長さのあるものは、4人乗りリフトでのぼった頂上から。初めての経験で面白かったのが、スキー場の斜面だけが人工雪で覆われているので、リフトからみる景色は全部茶色の枯れ木と岩肌だけ。広大な茶色の景色にぽつんとスキー姿の自分が乗ってるのは、きつねにつままれたみたいでなんとも奇怪な感じ。

乗ること15分、頂上はほとんど貸しきり状態。
雪は人工とはいえ、気温が低いのと慣らしているのでさらさら。積もりはしないものの、パウダー状態。モーグルなどもなく、視界も抜群で、1.6キロを一気に滑り降りること2分。
きもちいい~!!!途中で休んだり、足元をとらわれたりしなくてよくて、視界は抜群で、傾斜もチャレンジングではないもののまぁまぁ満足!

問題は、これしか斜面がないので、何回か滑ったらもういいかな、という感じ。
平日だったし、スキーがポピュラーになってきたのも最近のことなので、あんまりうまい人たちもいなくて、スキー場で一気に「日本の雪深いところからきた30年以上のスキーの高手(うまい人)?」になってしまい、どよどよどよ、と注目を浴びたむすがゆい一日でした。
(普段、ほめられることも、注目浴びることもほとんどないからなぁ・・。苦笑)
[PR]
# by xingxingsing | 2008-01-18 16:02

@密雲

f0128239_11401129.jpg


今年最初のアイスクライミング@密雲。
密雲はぺきんの郊外北東に位置し、町から車で1時間~1時間半、ちゅうごく登山協会の人たちと一緒に。

1ヶ月ちょっと、陽朔で一緒にクライミングをさせてもらった人たち。
彼らは高級登山ガイド養成班(2年)の1期生で、国が、国際水準の登山ガイドを養成しようと、初めて開いたコースに参加している精鋭8人。四川や貴州、新疆、チベットなどちゅうごく全土から集まっていて、その中には漢族の他に、少数民族のウイグル族や、チベット族の人たちがいる。安全を第一にクライミング、アイスクライミング、レスキュー、雪山登山、救助法など、あらゆる方面から学び、日々訓練に励んでいる。現在は1年半が過ぎたところ。

この日のパートナー兼ガイド(?)は、ウイグル族のディリ。安全方面に関する知識と実質では、一番頼れる人。

必要な道具は、クライミングと同じように、ハーネス、ATC、ヘルメット(+帽子)、そして手袋。

そして、登山靴と、高登山靴につけるアイゼン(スパイク状のもの)、アイスアックス(手に持つ「カマ」のようなもの)。これらは一式貸してもらいました。ちなみに今は高山靴もハイキングブーツのように軽いものが主流ですが、昔はこんなスキーブーツみたいなものだったらしいです。
f0128239_11545981.jpg


壁はかちかちの氷で覆われているものの、上からちょろ水を流しているのとまだ一番寒い時期ではないので、ところどころみぞれ状態もあり。

雪国育ちの私は、雪や氷に多少ながら恐怖感があるものの、ディリによると、そのほうがつかみがよくて却って登りやすいということ。そして、登攀時の注意点、安全な登り方を指導してもらい、まずはディリのリードでセットしたトップロープで登攀。

身の程知らずを承知でで言わせてもらえば、自分の手と足だけで登るフリークライミングと、道具を使ってしっかり登るアイスクライミングとでは、後者の方が取り掛かりやすい感覚。

ウォーミングアップで何本か登ったあとで、じゃぁ、ということで特別レッスン。

まずは、普通二本使うところを一本のアックスと両足のアイゼンで登る。で、次はアックスなしでアイゼンだけを頼りに登る。次に、二本のアックスと片方のアイゼンだけで登り、最後に二本のアックスだけを頼りに、アイゼンなしで登る。

次第に、頼る道具の効果的な力の入れ方や角度、使い方なんかがわかる仕組み。最初は力任せにがつがつ登っていたのが、もうちょっと氷と一体化して登れるような感じ。なるほどなーと感心。

次にリードで。

アイスクライミングのリードというのは、片手アックスで体勢を保ち、もう一つの手で氷にアイススクリューを打ち込みそこにクイックドローをセットして、安全確保しながら登る仕組み。
まずは、すでにクイックドローがセットしてあるルートを一本。

で、スクリューの打ち込み方、セットの仕方の基礎を下のほうで教えてもらい、反復練習。
時間があっという間に過ぎて、残念ながら今日はここまで。

最後に、奥にあるV3をトップロープで登る。

きちんとした人たちと一緒に登れてラッキーだなぁという感謝の気持ちと、久しぶりに会った友人たちとの楽しい時間と、ほどよい疲労感と、寒いところから暖かいところに帰ってほっとした気分で、ぐっすりよく眠れました。

photo by duoji 私のカメラは陽朔からかえって以来冬眠中・・。とほ。

More
[PR]
# by xingxingsing | 2008-01-10 11:17